タイ・インドネシア・フィリピンへの進出支援、進出後の会計・税務管理を支援する会計事務所

タイ・インドネシア・フィリピンの会計や税務ならAsahi Networks

ホーム > ブログ > Ready for ASEAN?  専門職のアセアン域内自由化に向けて

Ready for ASEAN?  専門職のアセアン域内自由化に向けて

毎日の通勤時、道端で配布されているフリーペーパー(ほぼタイ語です)をもらって、気になる図や写真が掲載されている記事をタイ人スフタッフに毎朝聞いています。 今日はそのなかに、写真の広告が出ていました。2015年のアセアン経済共同体を控え、専門職の自由化が図られるというもので、医師や看護士、エンジニアや建築士、その中にAccoutantも入っています。 この仕事をしていて思うのは、タイの会計人材の根本的底上げが急務ではないか?ということです。タイ語という外国人にとっての高い参入障壁があるものの、しかしタイ会計基準自体は国際会計基準を参照したものですので、タイ語を除けば逆に参入障壁はほぼ無いに等しいと思います。 タイの製造業、特に量産の技術はアセアンでトップクラスにあるタイですが、政府は、こういった専門職のアセアン域内での競争力を伸ばさねばならないことに気づいているのでしょう。今後、このようなセミナーが頻繁に開かれ、教育の面からも議論が高まることを期待しています。  

ホーム > ブログ > Ready for ASEAN?  専門職のアセアン域内自由化に向けて