タ イ ・インドネシア・フィリピンの会計・税務

JAPAN

SERVICE

国際税務 国際税務サービス 

国際税務サービス 特徴

お問い合わせはCONTACTから
JAPANサービス TOP

*朝日税理士法人(東京)が提供いたします。

国際税務の特徴
外国子会社受取配当益金不算入制度(源泉税のマネジメント)
日本の法人が海外子会社から受取る配当については益金不算入とされる一方、配当に係る源泉税は損金算入できず、また、外国税額控除の対象外となっています(外国子会社受取配当益金不算入制度)。その結果、源泉税がキャッシュフローに大きな影響を与えます。これを踏まえ、源泉税のマネジメントに係る様々なアドバイスを行います。
タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)
平成29年度税制改正において、タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)の抜本的見直しが行われ、外国関係会社の平成30年4月1日以後に開始する事業年度から適用が始まります。グローバルに事業を展開する企業等は、外国関係会社等が会社単位、または部分的に合算課税の対象となるか否か、対象となる場合に税額やコンプライアンスへの影響はいかなるものか、検討を行う必要があります。貴社の当該税制に関する課税リスクの分析、対応策の検討、コンプライアンスへの対応に係るサポートを行います。
外国税額控除制度

国際的二重課税の合理的防止を目的とする外国税額控除制度は、日本において近年、改正が頻繁に行われています。最新の税制を参照した、税務コストの合理化のための当該制度の効果的な活用法をご提案致します。

租税条約
租税条約は、通常二国間で締結される条約であり、国際的二重課税を排除し、国際的な経済活動を促進します。貴社が国際取引を行うに当たり直面する日本と進出国との租税条約に関して、最適な活用法をご提案いたします。
源泉徴収税
様々な国際課税制度を検討し、源泉地国で課される税額の最小化に資する、最適なタックス・プランニングをご提供いたします。
企業のストラクチャーに関する税務
海外投資、及び、海外企業の買収に関するコンサルティング、グローバルな組織再編戦略の立案など、海外における企業のストラクチャーの効率化に係るアドバイスをご提供いたします。


JAPANサービス TOP
お問い合わせはCONTACTから