タイ・インドネシア・フィリピンへの進出支援、進出後の会計・税務管理を支援する会計事務所

タイ・インドネシア・フィリピンの会計や税務ならAsahi Networks

ホーム > 朝日ネットワークス(タイランド)株式会社 > 生活情報 > 外国人に係る法制度
お問合せ

外国人に係る法制度

在留資格

入国ビザは8つの種類に分かれます。

(1)トランジットビザ(Transit VISA)・・・乗継渡航者を対象に30日間の滞在許可

(2)観光ビザ(Tourist VISA)・・・観光旅行者を対象に60日間の滞在許可

(3)非移民ビザ(Non-Immigrant VISA)・・・公用・私用(民間)滞在者に90日間の滞在許可

(4)公用ビザ(Government Official VISA)・・・公用任務者を対象に90日間の滞在許可

(5)外交ビザ(Diplomatic VISA)・・・外交官等を対象に90日間の滞在許可

(6)移民ビザ(Immigrant VISA)・・・永住目的

(7)移民枠外の特例移民ビザ(Non-Quata Immigrant VISA)・・・タイ政府等の特例・規定外の移民格付に基づき居住許可を申請した外国人

(8)非公式外交・公用ビザ(Courtesy VISA)・・・特別優遇査証

ページの上部に戻る

外国人登録

具体的なビザ取得、労働許可、延長の流れは以下のとおりです。

(1)在外タイ大使館にて非移民ビザ(カテゴリーはB)を取得。

(2)入国審査で90日間の滞在許可を取得。

(3)滞在許可期限内に労働許可申請を行う。

(4)通常、90日間の滞在許可期間内に労働許可がおりる。この労働許可の期限は滞在許可の期限と同日。

(5)ビザと労働許可の期限内に、まずビザの延長申請をし、入国日より1年間の滞在許可を取得。

(6)ビザの延長許可後に、労働許可も延長申請をし、ビザの期限と連動して延長される。

(7)さらに滞在をする場合は、滞在許可期間内に同手続を行い更新を繰り返していく。

ページの上部に戻る

法律の適用範囲

外国人規制法

日タイ受刑者移送条約(2010年8月28日):相手国で拘禁刑を言い渡した自国民受刑者について、一定の条件を満たす場合、本国に移送する手続きなどを定めたもの

ページの上部に戻る