タイ・インドネシア・フィリピンへの進出支援、進出後の会計・税務管理を支援する会計事務所

タイ・インドネシア・フィリピンの会計や税務ならAsahi Networks

ホーム > 個人所得税
お問合せ

個人所得税

個人所得税

歳入法により、タイでは居住者がタイで得た所得には税金が課されます。
タイの居住者とは、暦年中のタイの滞在日数合計が180日以上滞在する者すべてを言います。なお、非居住者はタイに源泉のある所得に対して個人所得税を支払います。

個人所得税は累進課税方式を採用しており、税率(以下は2013年度以降のもの)は以下の通りです。

 ・0~150,000 バーツ 0%
 ・150,001~300,000 バーツ 5%
 ・300,001~500,000 バーツ 10%
 ・500,001~750,000 バーツ 15%
 ・750,001~1,000,000 バーツ 20%
 ・1,000,001~2,000,000 バーツ25%
 ・2,000,001~4,000,000 バーツ 30%
 ・4,000,00 バーツを超える場合 35%

個人所得税の課税年度は、暦年(1月1日より12月31日)で、毎年の確定申告を翌年の3月末日までに行うことになっています。
またタイにも日本と同様に給与所得に対する個人所得税に関して源泉徴収制度があります。すなわち、法人は従業員に給与を支払う場合、所定の税金を天引きする必要があります。

ページの上部に戻る