タイ・インドネシア・フィリピンへの進出支援、進出後の会計・税務管理を支援する会計事務所

タイ・インドネシア・フィリピンの会計や税務ならAsahi Networks

ホーム > ブログ > 2014年9月

2014年9月

移転価格リスクと向き合う③国税不服申立てルールの見直し(日本の税務)

「<ホンダ移転価格税制>75億円課税取り消し 東京地裁-海外子会社との国際取引を巡る「移転価格税制」に基づき、法人税の申告漏れを指摘されたホンダが国に課税処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、ホンダ側の主張を全面的に認め、約75億6750万円の課税処分を取り消した。」(毎日新聞 2014年8月28日版)   本年5月に東京地裁が日本IBMの連結納税制度等を巡る約1200億円課税処分の取り消しを認めたのに引き続き、納税者側(ホンダ)が国側に勝訴しました。ただし、新聞は東京国税当局が控訴を検討していることを報じており、今後の動向が注目されます。   fb713571b3eec29c6c79b858412911d2-225x300   7月25日付(8月25日付)のブログ「移転価格リスクと向き合う②」でも述べましたが、企業と海外子会社等との間の取引価格である移転価格の設定については、税務調査で税務当局との見解の相違が起こりやすく、課税処分を受けるリスクがあります。また、その金額は、企業の経営を揺るがしかねない多額なものになる可能性も秘めています。   ところで、ホンダのケースのような税務訴訟(国税に関する処分の取消しを求める訴え)に関しては、処分を受けたのち、直接行うことはできません。まず、「不服申立て」という、処分を行った税務当局に対する再審査請求手続きが必要です。れを「不服申立前置」と言います。   この「不服申立て」については、本年6月、行政不服審査法の改正に伴い改正が行われました。施行は平成28年6月13日までの日となっており、まだ少し先ですが、見ておきましょう。主な改正点は以下のとおりです。     【国税の不服申立制度の改正点】 1. 「異議申立て」を廃止し「審査請求」に一元化 2. 不服申立期間の延長 3. 標準審理期間の設定(創設) 4. 税務当局の証拠書類を納税者がコピーすることが可能に   (詳しくは、財務省のサイト行政不服審査法の改正に伴う国税通則法等の改正をご覧ください。)   今回の改正では、不服申立期間が2か月から3か月に延長されたり、決定・裁決を下すまでに通常要すべき標準的な期間を定めるよう努力義務が規定されたりしました。また、今までは閲覧しか認められていなかった税務当局の証拠書類を納税者がコピーすることが可能になっています。これらの改正は、同手続きの使いやすさ・利便性の向上に資することが期待できるでしょう。   しかし問題は、行政不服審査法においては、審理の公正さを確保するための「第三者機関の設置」が規定されたにもかかわらず、国税については、既存の国税不服審判所がそれに該当するということで新たに機関は設けらなかったということです。すなわち、課税処分の取消しについての裁決は、依然として国税不服審判所が行うという体制については見直しが行われていません。国税不服審判所の職員は税務署からの出向者やOBが多くを占めているなか、公正な裁決が行えるのか、疑問が残るところです。   納税者としては、費やす時間やコストの面から、不服申立て制度や訴訟といった救済制度を利用せざるを得ない状況はできるかぎり回避したいところです。特に移転価格は税務調査官との意見が対立しやすい分野です。税務調査で調査官を説得できるよう、あらかじめ、移転価格の合理性の検証過程を示す客観的な書類を用意しておくことが不可欠と言えます。すなわち、今できることとして「移転価格の文書化」について検討することが重要と思われます。   以上 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 朝日ネットワークス朝日ネットワークスグループは、日本とインドネシア・タイ・フィリピン間の移転価格に係る各種サービスを提供しております。ご質問・ご相談等ございましたら、当HPの「資料請求・お問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせ下さい。  

チャンティク アユのインドネシア語会話教室 ~会話36~

インドネシアでは2014年7月に5年ぶりに選挙が行われました。本田太郎さんはインドネシアの選挙制度に関心を持ち、インドネシアの友人に話を聞きました。 Pemilu           ( I )                Pemilihan umum atau istilah yang lebih dikenal dengan kata PEMLU.(1) Di Indonesia PEMILU adalah untuk memilih anggota lembaga perwakilan yaitu DPR,DPRD Propinsi dan DPRD Kabupaten / Kota.(2) Pemilihan Presiden dan Wakil Presiden awal nya dilakukan oleh MPR, namun setelah tahun 2002 disepakati untuk dilakukan langsung oleh rakyat.(3) PEMILU di Indonesia dilakukan 5 tahun satu kali.(4)               Asas dalam PEMILU adalah LUBER dan JURDIL.(5) Dimana kata-kata ini memiliki kepanjangan kata dan juga memiliki arti.(6) LUBER adalah Langsung, Umum, Bebas, Rahasia.(7) JURDIL adalah Jujur dan adil.(8) Langsung berarti pemilih diharuskan memberikan suaranya secara langsung dan tidak boleh diwakilkan.(9) Umum berarti PEMILU dapat diikuti seluruh warga negara Indonesia yang sudah memiliki hak menggunakan suara yaitu WNI yang memiliki KTP.(10) Bebas berarti pemilih diharuskan memberikan suaranya tanpa ada paksaan dari pihak manapun.(11) Rahasia berarti suara yang diberikan pemilih bersifat rahasia hanya diketahui oleh si pemilih itu sendiri.(12) Jujur berarti PEMILU harus dilaksanakan sesuai dengan aturan untuk memastikan bahwa setiap warga negara yang memiliki hak dapat memilih sesuai dengan kehendaknya dan setiap suara pemilih memiliki nilai yang sama untuk menentukan wakil rakyat yang akan terpilih.(13) Dan Adil berarti Perlakuan yang sama terhadap peserta PEMILU dan pemilih, tanpa ada pengistimewaan ataupun diskriminasi terhadap peserta atau pemilih tertentu.(14)   ( K ) プミリハン ウムム アタウ イスティラー ヤン ルビー ディクナル ドゥンガン カタ プミル。ディインドネシア プミル アダラー ウントゥク ムミリ アンゴタ ルンバガ プルワキラン デ・ぺ。エル、デ・ぺ・エル・デ プロピンシ ダン デ・ペ・エル・デ カブパテン アタウ コタ。プミリハン プレシデン ダン ワキル プレシデン アワルニャ ディラクカン オレー エム・ぺ・エル、ナムン ストラー タフン ドゥアリブドゥア ディスパカティ ウントゥク ディラクカン ランスン オレー ラクヤッ。プミル ディインドネシア ディラクカン リマ タフン サトゥ カリ。 アサス プミル アダラー ルベル ダン ジュルディル。ディマナ カタ カタ イニ ムミリキ クパンジャンガン カタ ダン ジュガ ムミリキ アルティ。ルベル アタウ ランスン、ウムム、ベバス、ラハシア。ジュルディル アダラー ジュジュル ダン アディル。ランスン ブラルティ プミリ ディハルスカン ムンブリカン スアラニャ スチャラ ランスン ダン ティダー ボレー ディワキルカン。ウムム ブラルティ プミル ダパッ ディイクティ セルルー ワルガ ヌガラ インドネシア ヤン スダー ムミリキ ハク ムングナカン スアラ ヤイトゥ ワルガ ヌガラ インドネシア ヤン ムミリキ カ・テ・ペ。ベバス ブラルティ プミリ ディハルスカン ムンブリカン スアラニャ タンパ アダ パクサアン ダリ ピハク マナプン。ラハシア ブルアルティ スアラ ヤン ディブリカン プミリ ブルシファッ ラハシア ハンヤ ディクタフイ オレー シ プミリ イトゥ スンディリ。ジュジュル ブルアルティ プミル ハルス ディラクサナカン ススアイ ドンガン アトゥラン ウントゥク ムマスティカン バフワ スティアプ ワルガ ヌガラ ヤン ムミリキ ハク ダパッ ムミリ ススアイ ドンガン クフンダクニャ ダン スティアプ スアラ プミリ ムミリキ ナラル ヤン サマ ウントゥク ムヌントゥカン ワキル ラクヤッ ヤン アカン テルピリ。ダン アディル ブルアルティ プルラクアン ヤン サマ トルハダプ プスルタ プミル ダン ペミリ、タンパ アダ ピンイスティメワアン アタウプン デスクリミナシ トルハダプ プスルタ アタウ プミリ トルテントゥ。   ( J )                インドネシアでは選挙のことを “PEMILU”(プミル)とも言います。インドネシアの選挙では立法機関員(国会議員)、州議会員及び市議会員を選びます。インドネシアの初期の選挙では大統領と副大統領は国民評議員によって選ばれました。しかし、2002年からは、改正により、大統領と副大統領はインドネシア人民によって直接選ばれます。インドネシアの選挙は五年に一回です。               選挙の原則は“LUBER”(ルベル)と“JURDIL”(ジュルディル)です。LUBERは直接(Langsung)、一般 (Umum)、自由 (Bebas) 、秘密 (Rahasia)を意味します。JURDILは公正(Jujur)と平等 (Adil)です。直接 (Langsung)の意味は選挙民が直接に選挙するということであり、他の人によって選挙が代理されることができません。一般 (Umum)の意味は、身分証明書を持つすべてのインドネシア国民が選挙の権利を持つということです。自由 (Bebas)の意味は、投票者は、だれからも強制や圧力を受けることなく自由に投票できるということです。秘密 (Rahasia)の意味は、投票の内容は自分自身だけしか知らず、他の誰にも知られないということです。公正 (Jujur)は、各国民がその意思に従って選挙を行う権利を保障するためのルールに則って選挙が行われなければならないこと、及び、各投票者の持つ一票の価値は等しいことを意味します。平等 (Adil)は、特定の候補者や選挙民を優遇したり差別したりすることなく、候補者や選挙民は平等な待遇を受けることを意味します。   ( E )                Elections is known in other Indonesian word as “PEMILU”. Elections in Indonesia elect a legislature which are People’s Representative Council (DPR), Regional Representative Council in Province ( DPRD Propinsi ) and Regional Representative Council in City ( DPRD Kabupaten / Kota ). At the beginning of Indonesian elections, President and vice president was elected by People’s Consultative Assembly ( MPR ), And after the year 2002 the amendment had changed that President and Vice president are elected by Indonesian peoples directly. Indonesian elections is held once in five years.               The principles in elections are “ LUBER” and “ JURDIL”. “LUBER” stands for the word Direct ( Langsung ), “General “( Umum ), “Free” ( Bebas ), “Secret” ( Rahasia ). “JURDIL” stands for the word “Fair” ( Jujur ) and “Impartial” ( Adil ). “Direct” means voter must to vote directly and can not be represented. “General” means the elctions could be followed by all the Indonesian citizens who had have an Identification card. “Free” means the voter must vote freely without any coercion from others. “Secret” means its vote is known by the voter him/herself only. “Fair” means elections should be implemented in accordance with the rules to ensure that every citizen has the right to choose in accordance with his/her will, and each voter has the same value to determine who will be elected representatives. And “Impartial” means equal treatment of the participants and voters, without any privilege or discrimination against certain participants or voters.  
メモ』本文に出てきた単語や句の意味を、インドネシア語=日本語=英語の形で示します  ( 1 )
  • Pemilihan Umum = 選挙 = Elections
  • Istilah = 即ち、即、別の言葉では = Namely, Named, In other word
( 2 )
  • Memilih = 選ぶ = Elect, Choose
  • Anggota = 員、メンバー、議員 = Member
  • Lembaga perwakilan = 国会議員 = Legislature
  • DPR ( Dewan Perwakilan Rakyat ) = 代表者会議= People’s Representative Council
  • DPRD ( Dewan Perwakilan Rakyat Daerah ) = 地方議会 = Regional Representative Council
  • Propinsi = 州 = Province
  • Kabupaten, Kota = 市 = Region, City
( 3 )
  • Presiden = 大統領 = President
  • Wakil Presiden = 副大統領 = Vice President
  • MPR ( Majelis Permusyawaratan Rakyat ) =国民評議員= People’s Consultative Assembly
  • Disepakati = 了承済み、承認された、合意された = Agreed
  • Dilakukan langsung = 直接に = Direcly
  • Oleh Rakyat = 人民による= By peoples
( 4 )
  • Dilakukan = する、行う = Do
  • Satu kali = 一回 = Once
( 5 )
  • Asas = 原則= Principle
( 6 )
  • Kepanjangan kata = 略、~と言う言葉に基づく = Stands for the word
  • Arti = 意味 = Mean, Meaning
( 7 )
  • Langsung = 直接 = Direct
  • Umum =  一般 = General
  • Bebas = 自由 = Free
  • Rahasia = 秘密= Secret
  ( 8 )
  • Jujur = 公正 = Fair
  • Adil = 公平、平等 = Impartial
( 9 )
  • Pemilih = 選挙民 = Voter
  • Diharuskan = しなければなりません = Must, Have to
  • Memberikan = 与える = Give
  • Suaranya = 投票 = Voice, Ballot, Vote, Voting, Polling,
  • Tidak boleh = できません = Can not, Could not
  • Diwakilkan = 表現される、代理される = Be represented
( 10 )    
  • Dapat diikuti = 準じることができる = Can be followed, Could be followed
  • Seluruh = 全体、皆 = Whole, All of
  • Warga negara Indonesia ( WNI ) = インドネシア国民 = Indonesian citizens
  • Sudah memiliki = 持ってる = Had have
  • Hak = 権利、正義 = Right
  • Menggunakan suara = 表決、投票 = Vote
  • KTP ( Kartu tanda penduduk ) = 身分証明書 = Identity card
( 11 )
  • Tanpa ada = 無し = No, Without
  • Paksaan = 圧迫、圧力、強制= Coercion, Pressure
  • Dari pihak manapun = だれにも = From others
( 12 )
  • Hanya = ~しか~ない、だけ、のみ = Only, Just
  • Diketahui = 知られる = Known
  • Oleh = ~を以て、~によって = By
  • Si pemilih = 選挙民 = The Voter
  • Itu sendiri = 自分の~、自分で = Him / Herself
( 13 )
  • Sesuai dengan = ~によって、則って = According, Depends on, Regards to
  • Aturan = 規制、ルール = Rule, Regulation
  • Kehendaknya = 彼の・彼女の意欲 = His/ Her will
  • Nilai = 価値 = Value
  • Yang sama = 同等、同じ= Equal , Same
  • Menentukan = 決する、定める = Determine
  • Wakil rakyat = 代表 = Representative
  • Yang akan terpilih = 選挙される = Will be elected
  ( 14 )
  • Perlakuan = 取り扱い、扱い = Treatment
  • Peserta = 参加者= Participant
  • Pemilih = 有権者、投票者 = Voter
  • Pengistimewaan = 特典、優遇 = Privilage
  • Diskriminasi = 差別 = Discrimination
           

海外派遣社員と社会保障協定

ビジネスの国際化の進展にともない、日本企業が、自社の従業員等を海外派遣するケースが増加しています。このような中、日本企業としては、海外派遣社員が将来受給できる公的年金額の目減りを防ぐため、その海外派遣期間中、日本と外国の公的年金制度に二重に加入することを余儀なくされる場合があります。また、公的年金制度に加入するということは、日本のみならず外国においても、その海外派遣社員にかかる保険料のうち一定割合を日本企業が負担することになるため、日本企業にとっては思わぬコスト増につながる可能性があります。 フィリピン航空機内からの風景(フィリピン航空機内からの風景) このような海外派遣にともなう問題をあらかじめ回避する手段として、日本が外国と締結している社会保障協定の適用可能性を検討する必要があります。社会保障協定は、①日本と外国との間の保険料の二重負担の調整を図ること(二重加入の防止)や②加入期間が短いため年金の受給資格を得られず保険料が実質的に掛け捨てになることを防止するとともに両国の加入期間を通算できるようにすること(年金加入期間の通算)を目的として、外国との間で締結が進められています。日本では、平成26年1月までに欧米諸国を中心として以下の15か国との間で協定が発効されています。  

ドイツ・イギリス・韓国・アメリカ・ベルギー・フランス・カナダ・オーストラリア・

オランダ・チェコ・スペイン・アイルランド・ブラジル・スイス・ハンガリー

  また、昨今の日本と新興国との経済協力関係の進展にともない、これら新興国との間でも社会保障協定の締結をすすめられており、東南アジア諸国についてはフィリピンと現在交渉中のようです。   なお、社会保障協定の内容は、協定の相手国ごとにその内容や取扱いが異なる場合がありますので、事前に日本年金機構のホームページなどで確認することが必要です。

(Y.M.)

海外出張中に購入した外国の宝くじの賞金にかかる課税関係(日本の税務)

近年、日本の企業においてその役員や従業員の海外出張の機会がこれまで以上に増加しています。その海外出張期間中に外国で宝くじを購入し、幸運にも賞金を手にすることができた場合の課税関係はどうなのかというのが今回のテーマです。 インドネシアフード1 ミーカンクン(インドネシアフード ミーカンクン) 日本の宝くじの賞金は、原則として、個人が受け取るものは非課税とされています。これについては、「当せん金付証票法」という法律に「当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない。」と明確に規定されています。なお、所得税は課税されなくても住民税は課税されると誤解している方もいるようですが、原則、住民税も非課税です。ちなみに、法人が宝くじの賞金を受け取った場合には、個人の場合とは異なり、法人税の課税所得の計算上益金の額に算入されることになります。   それでは、日本の居住者である個人が海外出張中に購入した外国の宝くじの賞金はどうでしょうか? 外国の宝くじは、日本の法律である「当せん金付証票法」に基づいて発行されたものではないので、日本の税法上、その賞金は非課税とはならず課税の対象です。   課税の対象となる宝くじの賞金は、一般的に、その営利性、対価性及び継続性が認められないことから、日本の所得税法上の一時所得に区分されると考えられます。一時所得に区分された場合、その賞金額から当該当たりくじの購入額を控除(はずれくじの購入額は控除の対象外)し、さらにその残額から50万円を控除した後の金額の2分の1に相当する金額が課税所得です。   また、外国の宝くじの賞金は、当然のことながら、外国の課税関係にも注意が必要です。日本のみならず外国の税法上も課税され二重課税となるケースが考えられるからです。   このような国際的な二重課税を排除するために、まずは日本とその外国との間に租税条約が締結されているかを確認する必要があります。租税条約が適用され外国での課税が免除となり日本でのみ課税されることとなる場合は二重課税の問題が存在しません。しかし、租税条約において日本と外国の両国に課税権が認められている場合やそもそも租税条約が締結されていない場合には、居住地国である日本の所得税の確定申告書において外国税額控除を適用することを検討する必要があります。   なお、租税条約や外国税額控除などの適用関係については、国際税務に精通している専門家にご相談することをお勧めいたします。

(Y.M.)

ホーム > ブログ > 2014年9月