タイ・インドネシア・フィリピンへの進出支援、進出後の会計・税務管理を支援する会計事務所

タイ・インドネシア・フィリピンの会計や税務ならAsahi Networks

ホーム > ブログ > どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか
第2回「利益を出し続ける会社」と「それができない会社」の違いは?

どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか
第2回「利益を出し続ける会社」と「それができない会社」の違いは?

「利益を出し続ける会社」と「それができない会社」、その違いはなんでしょう?

 

「こうやったら必ず会社は成功する!」といった方策は、正直私にはわかりません。もしそれがわかれば、こうやってブログを書かずに、それを一人占めにして儲けを楽しんだ方が良いですよね(笑)

 

でも「利益を出し続ける会社」と「それがでない会社」はどちらも間違いなく存在します。その差はただの「運」だけなのでしょうか?

 

私はそうは考えません。確かに「必ず儲かる鉄則」は無いかもしれませんが、その確立を高める、もしくは逆にうまくいかない会社に共通点は無いかと思って考えました。ここではそれを挙げてみましょう。

 

  1.正義がない

  2.リーダーシップがない

  3.目標と予定がない

  4.役割と責任がない

  5.情報共有が乏しい

  6.数字で過去と現在を語らない。数字で未来を判断しない

  7.けちでない

  8.変化しない

 

イメージが湧きやすい内容と、そうでないものがあるかもしれません。またこれを守ったからと言って会社が必ず「利益を出し続ける」わけではありません。なぜなら最終的には「運」が必要になりますし、また何と言っても会社には時代に受け入れられるメニューや商品が必要です。

 

またうまくいかない会社でもこの「全てができていない」わけではありません。例えば「正義」を考えてクライアントファーストに立っている会社の中にも、儲かってない会社は沢山あるでしょう。

 

次回以降はそれぞれの項目についてもっと深く考えてみましょう。

 

以上

 

【初掲載】

企業情報サイト 「イノベーションズアイ」 コラム「どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか」第2回(2017年3月16日)

(弊社関連会社 朝日税理士法人執筆)

 

 【お問い合わせ】

朝日ネットワークスグループは、日本の朝日税理士法人と連携して、移転価格文書化等、各種サービスを提供しております。ご質問・ご相談等ございましたら、当HPの「お問合わせ」よりお気軽にお問い合わせ下さい。

ホーム > ブログ > どうしたら「利益を出し続ける」会社になれるのか
第2回「利益を出し続ける会社」と「それができない会社」の違いは?