タイ・インドネシア・フィリピンへの進出支援、進出後の会計・税務管理を支援する会計事務所

タイ・インドネシア・フィリピンの会計や税務ならAsahi Networks

ホーム > ブログ > タイの社会保険手続

タイの社会保険手続

社会保険の手続きをしました。 これは1名以上の従業員を雇用してから30日以内に手続きを行う必要があります。 手続きに必要な書類は・・・ 1.登録申請書(Registration form, Sor.Por.Sor.1-01 2.会社登録証のコピー(Copy of Affidavit, not more than 6 months 3.代表者の身分証明(Copy of Identification Card, House Registration Certificate (in case director is Thai) / Copy of passport , Work Permit (in case director is foreigner)) 4.VAT登録証書コピー(Copy of Por.Por.01) 5.会社所在地図(Company’s map) 6.会社所在地の登記証書(タビヤンバーン)House Registration Certificate 7.登録申請を代理人が行う場合は委任状(Power of Attorney) 加えて、被保険者情報の登録として 1.被保険者の氏名等の記載書類(Sor. Por. Sor. 1-02) 2.被保険者の登録申請書(Sor. Por. Sor. 1-03)と月額給与情報 3.被保険者のIDカードのコピー を提出しました。 社会保険料の支払いは、給与から源泉徴収した翌月の15日までに、会社負担分と合わせて納付することになっています。 給与からの控除料率は給与額の5%(最高750バーツ)で、会社負担分も5%です。 ただし、2012年1-6月は3%で最高450バーツ、7-12月は4%で最高600バーツへの減免が行われています。   社会保険の手続きと合わせて、労災の手続きが行われます。提出した給与情報をもとにOfficerが算定(見積り年間給与額×料率、料率は当社の場合0.2%でした)をして、これはこの時に支払いを済ませます。 実額との調整は、翌年の2月に実額給与報告と、3月に差額調整を行います。翌年分の見積り納付は1月に行われます。 日本の場合は、前年の調整と当年の見積もり納付手続きは同じ申告書で同時に済ませますよね。タイの場合は少しのんびりしていますね。

ホーム > ブログ > タイの社会保険手続