タイ・インドネシア・フィリピンへの進出支援、進出後の会計・税務管理を支援する会計事務所

タイ・インドネシア・フィリピンの会計や税務ならAsahi Networks

ホーム > ブログ > チャンティク アユのインドネシア語会話教室 ~会話30~

チャンティク アユのインドネシア語会話教室 ~会話30~

『会話29からの続きです』 次は三番目の大統領についてです。 220px-Bacharuddin_Jusuf_Habibie_official_portrait[1]           ( I ) Presiden ke 3
  • Nama Presiden : Prof. Dr. Ing. Bacharuddin Jusuf Habibie. (1)
  • Tidak ada wakil presiden. (2)
  • Masa Jabatan : 21 Mei 1998 – 20 Oktober 1999. Disebut dengan Zaman peralihan atau transisi dari era Orde baru menuju era Reformasi.(3)
  •  Sejarah : Pak Habibie dikenal dengan Bapak Teknologi dan Demokrasi Indonesia. Karena berkat implementasi dari visi beliau pengembangan industri teknologi tinggi diciptakan.(4) Serta pada masa kepresidenan nya yang relatif singkat tersebut, beliau memelihara pandangan modern, mengembangkan sebuah konsep yang lebih jelas, pelaksanaan dari proaktif dan prediksi preventif atas interpretasi dari demokrasi yang dianggap sebagai sebuah mesin politik. Dan konsep ini kemudian di implementasikan dalam berbagai agenda politik, ekonomi, hukum, dan keamanan.(5)
  • Pendiri dari Yayasan Habibie Centre.(6) 

   Habibie centre beralamat di Jl. Kemang Selatan No.98 Jakarta 12560.

   Kegiatan yang diselenggarakan meliputi kegiatan seminar, pemberian beasiswa di dalam dan

    luar negeri, pemberian Anugerah Habibie (Habibie Award), dan kegiatan diskusi dengan

             topik yang berkaitan dengan bidang sumber daya manusia pada umumnya, maupun              yang berkaitan dengan ilmu pengetahuan dan teknologi.(7)
  • Lain-lain : Pak Habibie pernah menjabat sebagai wakil Direktur sekaligus Direktur Teknologi di MBB ( Messerschmitt-Bolkow-Blohm) Hamburg, Jerman pada tahun 1973-1978.(8) Dan beliaupun memiliki beberapa rumusan teori nya yang dikenal dalam dunia pesawat terbang, seperti : “Habibie Factor”, “Habibie Theorem”, dan “Habibie Method”.(9) Beliau pun mendirikan IPTN ( Industri Pesawat Terbang Nusantara ), PINDAD ( Perindustrian Angkatan Darat ), dan PAL ( Penataran Angkatan Laut ).
( K ) プレシデン ク ティガ
  • ナマ プレシデン:プロフェソル・ドクトル・イング・バハルディン ユスフ ハビビ。
  • ティダク アダ ワキル プレシデン。
  • マサ ジャバタン:ドウアプル サトウ メイ セリブ スンビラン ラトゥス スンビラン プル ドラパン サンパイ ドゥア プル オクトベル セリブ センビラン ラトゥス スンビラン プル スンビラン。ディ セブッ ドンガン ジャマン プラリハン アタウ トランシシ ダリ エラ オルデ バル メヌジュ エラ レフォルマシ。
  • スジャラー:パッ ハビビ ディ クナル ドンガン バパッ テクノロギ ダン デモクラシ インドネシア。カレナ ブルカッ インプルメンタシ ダリ ヴィシ ブリアウ プングンバンガン インドストリ テクノロギ ティンギ ディ チプタカン。スルタ パダ マサ クプレシデンナンニャ ヤン レラティブ シンカッ テルセブッ、 ブリアウ ムムリハラ パンダンガン モデレン、ムングンバンカン スブアー コンセプ ヤン ルビー ジュラス、 プラクサナアン ダリ プロアクティプ ダン プレディクシ プレペンティプ アタス インテルプレタシ ダリ デモクラシ スバガイ スブアー ムシン ポリティク。ダン コンセプ イニ クムディアン ディ インプレムンタシカン ダラム ブルバガイ アゲンダ ポリティク、エコノミ、フクム、クアマナン。
  • プンディリ ダリ ヤヤサン ハビビ センター

ハビビ センタ― ブルアラマッ ディ ジャラン クマン スラタン ノモル スンビラン プルー ドラパン ジャカルタ

サトゥドゥア リマ ウナム コソン。

クギアタン ヤン ディスルンガラカン ムリプティ クギアタン スミナル、プンブリアン ベアシスワ ディ ダラム ダン

ルアル ヌグリ、プンブリアン アヌゲラフ ハビビ、ダン クギアタン ディスクシ ドンガン トピク ヤン ブルカイタン

ドンガン ビダン スンベル ダヤ マヌシア パダ ウムム ニャ、マウプン ヤン ブルカイタン ドンガン イルム

プングタ フアン ダン テクノロギ。

  • ラインライン:パッ ハビビ プルナ― ムンジャバッ スバガイ ワキル ディレクトゥル スカリグス ディレクトル テクノロギ ディ エム・べ・べ ハンブルク・ジェルマン パダ タフン スリブ スンビラン ラトゥス トゥジュー プル ティガ サンパイ スリブ スンビラン ラトゥス トゥジュ プルー ドラパン。 ダン ブリアウ プン ムミリキ ブブラパ ルムサン テオリ ニャ ヤン トルクナル ダラム ドゥニア プサワッ トルバン、スプルティ:『ハビビ ファクトル』、『ハビビ テオレム』、『ハビビ メトド。ブリアウ プン ムンディリカン イ・ぺ・テ・ン(インドストリ プサワッ トルバン ヌサンタラ)、ピンダド(プルインドストリアン アンカタン ダラッ)、ダン パル(プナタラン アンカタン ラウッ)
( J ) 三番目の大統領
  • 大統領の名前:バハルディン ユスフ ハビビ。
  •  副大統領はなし。
  • 任期:1998年5月21日から1999年10月20日まで。この時期は新秩序時代から改革時代へ変化してゆく、遷移過渡期であり遷移時代と呼びます。
  • 歴史:ハビビは技術家及びインドネシア民主主義者として知られています。彼のビジョン実現により、インドネシアのハイテク産業が発展しました。比較的短かった彼の大統領時代に、彼は、現代な見通しを維持し、明確なコンセプトを開発し、政治的マシン的な制度に対して積極的かつ予防的な民主主義の解釈の適用を進めました。それは、すべての政治、経済、法律、および安全保障の分野に適用されました。
  • ハビビセンター財団の創設者。

   ハビビセンターの場所は南クマン通り98号ジャカルタ12560。

   財団の活動は、科学技術に関連するセミナー開催、国内外の奨学金の制度運営、ハビビ賞の授与、

   人類に関する、また、科学技術に関 するトピックの研究を行うことです。

  • その他:ハビビは、1973年から1978年までドイツ、ハンブルクのMBB(メッサーシュミット·ボルコウ – ブローム)の技術担当副社長及びディレクターを務めました。彼は「ハビビ因子」、「ハビビ定理」、および「ハビビ法」として航空機の世界でよく知られている理論を定式化しました。それに加えて、彼はIPTN(インドネシアの航空機産業)、PINDAD(産業軍)、PAL(海軍工廠)の創始者でもあります。
( E ) The Third President.
  • Name of President : Prof. Dr. Ing. Bacharuddin Jusuf Habibie
  • No Vice president
  • Term of Duty : May 21, 1998 – October 20, 1999. Called as Transition era from New order to Reformation era.
  • History : Mr. Habibie is known as Mr. Technology and Indonesian Democracy. Because of his vision implementation, Indonesian high technology industry development was created. On his presidency which was relatively short, he could maintained a modern outlook, developed clearer concept, implementation of proactive and preventive predictions over the interpretation of democracy as a political machine.  And also it was implemented in all politic, economic, law, and security agenda.
  • Founder of Habibie Centre Foundation.
   Habibie centre’s address is South Kemang street No.98 Jakarta 12560    The activities are holding seminars, home and abroad scholarships, awarding Habibie awards,

   and discussion which topic has relation to human research in generally, as well as though related

    to science and technology.

  • Others : Mr. Habibie acted as a vice president and Director of technology at once for MBB( Messerschmitt-Bolkow-Blohm ) Hamburg, German in 1973-1978. Also he has formulation of theory that are known in the world of aircraft such as “ Habibie Factor”, “Habibie Theorem”, and “Habibie Method”. Besides that he was founder of IPTN ( Indonesian aircraft industry ), PINDAD ( Industrial Army ) and PAL ( Navy Yard ).
   
メモ』本文に出てきた単語や句の意味を、インドネシア語=日本語=英語の形で示します  ( 1 )
  • Ing = 工学博士、技術博士、エンジニア = Ingenieur, Diplom-Ingenieur
( 2 )
  • Tidak ada = なし = No, Not
( 3 )
  • Peralihan, Transisi = 遷移、過渡期 = Transition
  • Era Reformasi = 改革時代 = Reformation era
( 4 )
  • Bapak Teknologi  = 科学技術の父 = Mr. Technology, Technologi Father
  • Demokrasi = 民主主義 = Democracy
  • Berkat = おかげで = Thanks to, Due to, Blessing
  • Implementasi, Penerapan = 実現、適用 = Implementation
  • Visi, Pandangan = 視覚、見通し、ビジョン = Vision
  • Pengembangan = 開発 = Development
  • Industri = 産業 = Industry
  • Teknologi tinggi = 高度技術、先端技術、ハイテク = High Tech, High Technology
  • Diciptakan = 作成される、作り出される = Be created
( 5 )
  • Masa kepresidenan = 大統領としての職 = Presedency
  • Relatif singkat = 比較的短い = Relatively short
  • Beliau = 彼、彼女 = She, He
  • Memelihara = 維持する = Maintain, Keep
  • Modern, Canggih, Masa kini, Terkini = 現代、近代的、今日的、モダン       = Modern, Up to date
  • Konsep = 概念、コンセプト = Concept
  • Lebih jelas = 明確な、明瞭な = Clearer、more clearly
  • Kondisi = 条件、状態  = Condition
  • Proaktif = プロアクティブ、積極的な = Proactive
  • Prediksi, Perkiraan = 予測 = Prediction
  • Prefentif, Pencegahan = 予防、未然防止 = Prevention
  • Interpretasi, Penafsiran = 解釈、説明 = Interpretation, Explanation
  • Mesin politik = 政治マシン = Political machine
  • Agenda = 協議事項、分野 = Agenda
  • Politik = 政治、政治的な= Politic
  • Ekonomi = 経済 = Economy
  • Hukum = 法、法律 = Law
  • Keamanan = 安全、保障、安全保障 = Security
( 6 )
  • Pendiri = 創設者 = Founder
  • Yayasan = 財団 = Foundation
  • Centre, pusat = 中央 = Center, Centre
( 7 )
  • Kegiatan = 活動 = Activity
  • Diselenggarakan = 開催される = Be held
  • Seminar = セミナー = Seminar
  • Beasiswa = 奨学金 = Scholarship
  • Didalam, Dalam negeri = 国内 = Home, Domestic
  • Luar negeri = 海外 = Abroad
  • Anugerah = 賞、表彰 = Award
  • Diskusi = 話し合う、会談、相談 = Discuss
  • Topik = 話題、トピック = Topic
  • Berkaitan = に関する = Relation to
  • Bidang = 分野 = Field
  • Sumber Daya Manusia = 人事、人材 = Human resources
  • Ilmu pengetahuan dan Teknologi, IPTEK = 科学技術 = Science and Technology
( 8 )
  • Pernah = ~していたことがある、~していたものだ = Used to, Ever
  • Wakil Direktur = 副社長 = Vice Director
  • Sekaligus = 一度に = At once
  • Direktur = 社長 = Director
  • Jerman = ドイツ = German
( 9 )
  • Memiliki = もっている、 あります、有る = Has, Have
  • Rumusan teori = 理論の定式化 = Formulation of theory
  • Dunia = 世、代、世界 = World
  • Pesawat terbang = 飛行機 = Airplane, Aircraft
  • Faktor = ファクター、要因、因子 = Factor
  • Dalil = 定理、理論 = Theorem
  • Metode = 方式、方法、手法 = Method
( 10 )
  • Nusantara = 列島 = Archipelago
  • Angkatan Darat = 軍 = Army
  • Penataran = 高度化、拡充、充実 = Upgrading
  • Angkatan Laut = 海軍 = Navy
   

ホーム > ブログ > チャンティク アユのインドネシア語会話教室 ~会話30~